Dearest.
女性のための
ダイヤモンド買取情報

sponsored by 買取専門店ドリーム

Dearest. 女性のためのダイヤモンド買取情報 » ダイヤモンドの価値を決める4Cとは

ダイヤモンドの価値を決める4Cと
それぞれの相場

4Cとは、カラット(carat=重量)・カラー(color=色)・クラリティー(clarity=透明度)・カット(cut=加工技術)の4つを指し、ぞれぞれの頭文字に「C」がつくことから4Cと呼ばれます。

4Cはダイヤモンドの価値を専門家が評価する上で、欠かすことのできない国際的基準。4Cそれぞれが細かくグレーディングされ、それぞれのランクによって相場が決まります。グレードが高いほど希少性があり高価になりますが、4つのグレードを総合して評価していくことになります。

ダイヤモンドの4Cは買取価格にどうかかわる?

カラット(重量)

ダイヤモンドを評価するときに「カラット 」という言葉をよく耳にするかと思います。カラットとは大きさではなく重さの単位で、1カラット=0.2グラムです。1ct以上の原石はほとんど出回っておらず、重くなればなるほど希少性が高くなります。

  • 0.2ct 重量0.04g 直径約4.0mm
  • 0.3ct 重量0.06g 直径約4.5mm
  • 0.5ct 重量0.10g 直径約5.1mm
  • 0.7ct 重量0.14g 直径約5.5mm
  • 1.0ct 重量0.20g 直径約6.5mm

測定には専用の電子デジタルを用いて1000分の1単位まで測定し、少数第3位を8捨9入します。プロの鑑定士でないと分からない4Cの中では、私たちがみて唯一わかりやすい評価基準といえます。

ダイヤモンドのカラット(重量)とは

カラー(色)

ダイヤモンドは私たちがみると無色透明のようですが、実はほんのりと色付いているものが多く存在します。

ダイヤモンド鑑定士はマスターストーン(標準石)を使用して色の透明性を鑑定します。カラーのグレードを表す数値「D~Z」の数値で表され、Dがより無色透明で価値が高く、Zに近くなるほど黄色みが強くなり価値が下がります。

  • D~F 無色(価値が高い)
  • G~J ほぼ無色
  • K~M フェイントイエロー
  • N~R ベリーライトイエロー
  • S~Z ライトイエロー(価値が低い)

中にはZランクを超える色がついたダイヤモンドが存在します。それをファンシーカラーと評価し、他の基準によってグレーディングされます。

ダイヤモンドのカラー(色)とは

クラリティ―(透明度)

クラリティーは透明度を表す基準になります。

石の欠けやキズ(ブレミッシュ)、内包物(インクルージョン)がどのくらい含まれているかでグレードが決まります。ダイヤモンドは自然から生まれたものですので、全く欠点がないというのはほとんど存在しません。

  • FL(フローレス) 欠点がない最高グレード
  • IF(インタナリーフローレス) 内包物ないがわずかなブレミッシュがある
  • VVS1〜VVS2(ベリーベリースライトリー) 発見が非常に難しい微小の内包物や欠陥がある
  • VS1〜VS2(ベリスライトリー) 発見が難しいごくわずかな内包物や欠陥がある
  • S/1〜S/2(スライトリー) 発見が容易な内包物や欠陥がある
  • I1〜I3(インパーフェクト) 肉眼で確認できるな内包物などがあり、輝きにも影響がある

4Cの基準においては、10倍に拡大したダイヤモンドの状態を観察し、内包物の数や大きさ、色や場所を鑑定。少ないものほど高価で希少価値があるという判断がくだされます。

ダイヤモンドのクラリティ―(透明度)とは

カット(加工技術)

カットというと、ブリリアントやスクエア、エメラルドといったダイアモンドの形状を思い浮かべる方が多いかもしれません。

ここでいうグレードを評価するカットとは、プロポーションや研磨の仕上げ状態などを指します。4Cの中でも、3つは自然が生み出したものですが、カットだけは職人による巧みな技術の結果ともいえます。

カットのグレードは5段階評価で表しています。中でも、カット・対称性・研磨の状態の全てにおいて、Excellentの評価を受けたダイヤモンドを「トリプルエクセレント」と呼びます。

  • Excellent(エクセレント) 最上級、光学的に理想
  • Very Good (ベリーグッド)理想的
  • Good (グッド) 良好
  • Fair (フェアー) やや劣る
  • Poor (プアー) 劣る

ダイヤモンドのカット(加工技術)とは

ダイヤモンドの蛍光性にも注目

ダイヤモンドの中には、稀に蛍光性があるものがあります。通常は気づきませんが、ブラックライトの下で反応し青く光る現象が起きます

蛍光性の強さも「とても強い~なし」まで5段階に分かれていますが、4Cのような評価はありません。

ですが蛍光性がとても強いものの中には、ダイヤモンドを油っぽく見せてしまうものがあり「Oily(オイリー)」と呼ばれ、クラリティーのグレードに影響される場合があります。

Coverage cooperation
査定協力
DREAM(ドリーム)
DREAM(ドリーム)

新橋駅烏森口から徒歩3分のところにある、ダイヤモンドを中心とした買取業者。世界基準である「GIA(米国宝石学会)」に認定された鑑定士が所属しているため、的確な査定を行ってくれると評判です。
その査定力から鑑定書がないもの、古いデザインのもの、ココ山岡のものなど、通常の買取店では評価が大幅に下がるようなダイヤモンドであっても、品質の相場に沿った適切な査定・買取が行われています。
店舗予約なしの買取や宅配買取にも全国対応しているため、手軽に買取を依頼できるのも魅力です。

ドリームの公式HPで
ダイヤモンド買取実績を見る

ドリームに電話で買取依頼する
0120-277-765