Dearest.
女性のための
ダイヤモンド買取情報

sponsored by 買取専門店ドリーム

agete

ageteのダイヤモンドその買取はどうなっているの?

このページでは、ageteのダイヤモンドの買取についてご紹介しています。ageteのブランドや取り扱うダイヤモンドの特徴などをチェックしてみましょう。

ageteのダイヤモンド、買取市場での評価は?

ageteのジュエリーの一番の魅力は、やはりハイレベルなデザイン。そのため、ルース(裸石)の状態だと、買い取り価格は他のブランドと比べると見劣りするかもしれません。しかし、一部のジュエリー買取ショップでは地金やダイヤモンドの質だけではなく、デザインも考慮した価格を設定してくれます。そのため、ageteを売る際は出来る限りルース売りを避け、ショップをしっかり選んだ方が良いでしょう。

ageteというブランドについて

1990年6月9日に東京の青山の骨董通り沿いにアガット1号店がオープン。シンプルでありながらも洗練されたデザインが特徴のブランドで、常に時代の変化に合わせたデザインを提供してくれます。時代の半歩先を行くジュエリーを創り出すことを大切にしており、時代に合わせて少しずつデザインの印象も変化を感じさせられます。

ただし、「ブランドアイデンティティ」だけは常に変わることなく守り続けています。しっかりとした軸があるため、若い方から高齢な方まで幅広い世代の方々に愛され親しまれるブランドとして、その地位を築き上げているでしょう。

1990年代は黒壇をはじめ、チェリーアンバー、隕石など自然の素材を用いて、石そのものが持っている魅力を引き出すことを大切にしています。その中でもラブラドライトは特に魅力的な石のひとつで、他には類を見ない独特の印象を受けるため多くのジュエリーに使用されたそうです。2000年に入る頃にはモチーフやチャームが定着するようになります。自分でお気に入りのデザインを選ぶことができ、さらに重ね着けなども可能なので、より自分好みのデザインに仕上げられると評判。アガットならではのファッション性があり、今でもアガットを代表するアイテムになっています。

ageteのダイヤモンドの特徴は?

アガットはこだわりの天然石を使用した大胆なデザインが特徴で、ブランド開始当初からオリジナルのカットを施した石を使用しています。他にも、その石の魅力を活かすためにラフカットのみで仕上げたジュエリーや、原石そのものを使ったジュエリーなどもあります。それはデザインだけに重きを置くのではなく、石そのものもデザインのひとつであるという考えを大切にしている証拠です。アガットオリジナルのカット技法は、宝石を全く新しいジュエリーに創り上げる魔法です。

また、レトロさを持ちながらモダンさもある、クラシックなデザインの中にファッション性もあると言ったデザインフィロソフィーも重要視しています。常にクリエイティブさも兼ね備えた質の高いジュエリーになっているでしょう。

Coverage cooperation
査定協力
DREAM(ドリーム)
DREAM(ドリーム)

新橋駅烏森口から徒歩3分のところにある、ダイヤモンドを中心とした買取業者。世界基準である「GIA(米国宝石学会)」に認定された鑑定士が所属しているため、的確な査定を行ってくれると評判です。
その査定力から鑑定書がないもの、古いデザインのもの、ココ山岡のものなど、通常の買取店では評価が大幅に下がるようなダイヤモンドであっても、品質の相場に沿った適切な査定・買取が行われています。
店舗予約なしの買取や宅配買取にも全国対応しているため、手軽に買取を依頼できるのも魅力です。

ドリームの公式HPで
ダイヤモンド買取実績を見る

ドリームに電話で買取依頼する
0120-277-765