ブシュロン

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドの買取はどうなっているの?

このページでは、BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドの買取についてご紹介しています。BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤの特徴や、ダイヤを買い取ってもらうときの注意点などをチェックしてみましょう。

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド、買取市場での評価は?

BOUCHERON(ブシュロン)は、ショーメやヴァンクリーフ&アーペルなどの著名なジュエラーと並び、パリのヴァンドーム広場やラペー通りに店舗を構えるハイジュエラーです。5大宝飾店と言われる“グランサンク”のうちの一つに数えられています。
選びぬかれた宝石をセッティングしたハイジュエリーは、世界中から支持を集めるクオリティの高い作品ばかり。世界的に有名なジュエリーブランドであることから、買取価格も高価になる傾向にあります。

BOUCHERON(ブシュロン)というブランドについて

BOUCHERON(ブシュロン)の歴史は1858年、創業者のフレデリック・ブシュロンから始まります。BOUCHERON(ブシュロン)が得意としていたのは、花や植物・動物などの自然をモチーフにしたジュエリーです。

1878年にパリ万博のグランプリを獲得してからは、その美しいジュエリーたちが世界中に広く知られることとなります。そしてその後1893年、ヴァンドーム広場26番地に新しいブティックをオープンさせました。

パリのヴァンドーム広場は、ハイブランドや高級ホテルが連なるラグジュアリーなエリア。その中でも最も早くこの場所に出店したことで知られているのがBOUCHERON(ブシュロン)です。広場の中でも最も日当たりがよく、ディスプレイされた宝石が一番美しく輝く場所を選んだことも有名になりました。

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドの特徴は?

BOUCHERON(ブシュロン)で使用されているダイヤモンドは、GIAで定められた基準に沿って厳選されています。カラーはGカラー以上(カラーレスもしくはニアリーカラーレス)のもの、透明度はVSクラス以上(内包物が裸眼では確認不可)のもののみを使用しているため、ダイヤモンドとしての価値が高いです。

ダイヤモンドはBOUCHERON(ブシュロン)の宝石鑑定士が入念に選別してジュエリーに使用しているため、『他のブランドとは輝きが違う』と評されることも多いのだそうです。ダイヤモンドにこだわりがあるブランドという印象から、買取市場においても安定したニーズが見込まれます。

Coverage cooperation
査定協力
DREAM(ドリーム)
DREAM(ドリーム)

新橋駅烏森口から徒歩3分のところにある、ダイヤモンドを中心とした買取業者。世界基準である「GIA(米国宝石学会)」に認定された鑑定士が所属しているため、的確な査定を行ってくれると評判です。
その査定力から鑑定書がないもの、古いデザインのもの、ココ山岡のものなど、通常の買取店では評価が大幅に下がるようなダイヤモンドであっても、品質の相場に沿った適切な査定・買取が行われています。
店舗予約なしの買取や宅配買取にも全国対応しているため、手軽に買取を依頼できるのも魅力です。

ドリームの公式HPで
ダイヤモンド買取実績を見る

ドリームに電話で買取依頼する
0120-277-765