Dearest.
女性のための
ダイヤモンド買取情報

sponsored by 買取専門店ドリーム

グッチ

グッチのダイヤモンドその買取はどうなっているの?

こちらでは、ブランドダイヤモンドの買取において、グッチの場合はどうなのか、どんなダイヤモンドなのかを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

グッチのダイヤモンド、買取市場での評価は?

グッチは最も有名なブランドのひとつと言ってもいいでしょう。ブランドを知らないという人でも1度は聞いたことがあるほど、メジャーです。そのためグッチのアクセサリーであれば、どんな女性でも貰ったら喜ぶので贈り物としても人気が高くなっています。そのため需要があるブランドなので、買取市場もノーブランドのアクセサリーよりは高額買取が期待できるでしょう。グッチというだけで査定額もプラスされますよ。それほど需要が多い商品です。

グッチというブランドについて

グッチというブランドが始まったのは1921年。イタリアのフィレンツェにてグッチオ・グッチが皮革製品のお店を出展し、品質を第一に考えたこだわりの姿勢は僅か数年で大成功を成し遂げています。「ビットモカシン」「バンブー」などヒット商品を次々に発表されました。

グッチオ・グッチは1953年に死去。その後事業は息子たちが継承し「ウェビング・リボンライン」「ジャッキーバック」などを生み出しました。その頃にはハリウッドセレブから愛用されるブランドとして世界中に、その名が知れ渡りイタリアを代表するブランドという地位まで急激に上りつめることに。1994年になる頃にはトム・フォードをクリエイティブ・ディレクターに迎え、洗練されたデザインを完成させブランドイメージを固めることに成功させています。

その後もグッチの成長は止まることなく、洋服やジュエリー、時計、香水など商品ラインナップも豊富に。現在ではクリエイティブ・ディレクターをフリーダ・ジャンニーニが担い、セクシーさとエレガントさを融合させたテイストによって世界中からも愛されています。日本国内でも多くのショップを構えており、女性だけでなく男性にも親しまれるブランドのひとつでしょう。

グッチのダイヤモンドの特徴は?

グッチのダイヤモンドには確かな品質を保証するGIAの保証書が付属されています。そのためダイヤモンドの品質は第三者機関に認定を受けたものです。またグッチのジュエリーはイタリア宝飾の技術者の手作業によって製作されているものはハイエンドジュエリーコレクションにランナップされています。高い技術を誇る技術者の手によって作られるジュエリーは繊細なデザインになっており、日常的にも付けやすいものばかりです。いつまでも飽きることなく身に付けられるデザインはグッチの世界観の象徴ともいえるでしょう。

Coverage cooperation
査定協力
DREAM(ドリーム)
DREAM(ドリーム)

新橋駅烏森口から徒歩3分のところにある、ダイヤモンドを中心とした買取業者。世界基準である「GIA(米国宝石学会)」に認定された鑑定士が所属しているため、的確な査定を行ってくれると評判です。
その査定力から鑑定書がないもの、古いデザインのもの、ココ山岡のものなど、通常の買取店では評価が大幅に下がるようなダイヤモンドであっても、品質の相場に沿った適切な査定・買取が行われています。
店舗予約なしの買取や宅配買取にも全国対応しているため、手軽に買取を依頼できるのも魅力です。

ドリームの公式HPで
ダイヤモンド買取実績を見る

ドリームに電話で買取依頼する
0120-277-765